EFEZ 동해안권경제자유구역청 개발계획개요

닫기
  • Language

EFEZ LOGO

事業のご紹介

なぜEFEZ?

投資情報

グローバルサービス

広報センター

EFEZ庁のご紹介

なぜEFEZ?

なぜEFEZ?

  • 地理的な競争力
  • 国家的な競争力
  • インフラ競争力
  • 制度的な競争力
Investment ConsultationVOD Service
ICI Earth Bukpyeong on. The Earth will be reborn as an international composite industry.
HOME > なぜEFEZ? > 制度的な競争力

制度的な競争力

特別な支援制度!

経済自由区域 だけの優遇制度をご紹介します。

韓国内、海外でも他と比較にならない東海岸圏経済自由区域だけの経済力のある支援制度をお確かめください。

韓国内の制度との比較

韓国内の制度との比較
区分 経済自由区域 自由貿易地域 外国人投資地域
産業団地型 空港、港湾、物流型 団地型 個別型
法的根拠 経済自由区域の指定及び運用に関する特別法 自由貿易地域の指定及び運用に関する法律   自由貿易地域の指定及び運用に関する法律  
指定目的 外国人投資誘致、国家経済力強化、 地域均衡発展法 外国人投資誘致、貿易、振興、地域均衡発展 外国人投資誘致、国際物流基地の育成 外国人投資誘致  
指定位置 国際空港•港湾 周辺地域 港湾、空港周辺地域、産業団地 港湾、空港、流通団地、貨物ターミナルなど 産業団地內 制限なし
地域の特性 特別行政区域水準(自治団体組合) 非関税地域   賃貸団地運営原則 個別事業長単位で指定
指定権者 知経部長官
* 経自区域委員会審議
知経部長官
*自由貿易地域委員会
審議 市․道知事* 外国人投資委員会 審議
管理権者 経済自由区域庁 知経部長官(産団型) 国土部長官(港湾型) 国土部長官(空港型) 市․道知事
指定地域 6 + 2ヶ所
:仁川、釜山․鎭海.
光陽湾圈、黄,
群山․ セ万金,
大邱․慶北
東海、忠北
産団型 6ヶ所
: 馬山、益山、群山、
代佛、東海, 栗村
空港型 1ヶ所
: 仁川空港
港湾型 3箇所
: 釜山、光陽、仁川
12ヶ所
: 天安、梧倉、
仁州、龜尾、
坪洞、代佛、
チンサ、クムィ、
堂洞、チサ
29ヶ所 : 個別事業長
入居資格 •外投企業
•製造業、物流業,
医療機関、教育機関、
外国放送、金融機関など
•外投企業、国内企業
•製造業
  - 輸出主目的 国内企業
  - 外国人投資企業
•物流業、貿易業など
  •外投企業
•製造業、 物流業など
(外投持ち分 30%以上)
•外投企業
•製造業 : 3千万$以上
  観光業 : 2千万$以上
  物流業 : 1千万$以上
  研究開発 : 2百万$以上
租税減免要件 •製造業 : 1千万$以上
•観光業 : 1千万$以上
•物流業 : 5百万$以上
•製造業 : 1千万$以上
•物流業 : 5百万$以上
•製造業 : 1千万$以上
•物流業 : 5百万$以上
•製造業 : 1 千万$以上
•物流業 : 5百万$以上
指定与件と 同一
租税減免 •法人税、所得税 : 5年
  (3年100%, 2年 50%)
 * 法人税率 : 1億以下
13%、1億超過25%
•地方税 : 8~15年
•法人税、所得税: 5年
  (3年100%,2年 50%)
 * 法人税率 : 1億以下
13%、1億超過25%
•地方税 : 8~15年
(条例 : 最高 15年 100%) •法人税、所得税: 5年
  (3年100%, 2年50%)
 * 法人税率 : 1億以下
13%1億超過 25%
•地方税 : 8~15年
•法人税、所得税 : 7年
  (5年100%、 2年50%)
 * 法人税率 : 1億以下
13%1億超過25%
•地方税 : 8~15年
関税付加 資本財5年間免除 関税留保(輸入物品、資本財)   資本財 3年間免除  
賃貸料 分譲(制度上、賃貸も可能: 敷地価額 10/1,000水準) 敷地価額10/1,000水準   敷地価額 10/1,000 水準 敷地価額 10/1,000 以上
賃貸料 減免 減免率未決定(管理庁が決定) •高度技術 : 100%
  (1百万ドル以上)
•一般製造 : 100%
  (1千万ドル以上)
  •高度技術 : 100%
  (1百万$以上)
•一般製造 : 75%
  (5百万$以上)
100% 減免
支援分担 分担率未決定 指定段階で敷地買い
入れの分担比率を決定
  (国費の最大75%)
  •首都圏: 国費 40%
•非首都圏:国費 75%
 
行政支援 •市道知事直属専担
行政機構設置
 - 経済自由区域庁
 - 国家委任事務
指導事務など遂行
•出張所設置
 - 関税․租税の付加․
徴収、出入国管理
 - 郵便․通信、検疫、
労務に関する事務
  •産団公(7) 管理
•自治体(3) 管理
 
備 考   •関税自由地域を自由貿易地域として一括化
(‘04. 6.23)
•外国人企業専用団地を外国人投資地域として一括化
(‘04.12.31)

海外の主要な特区

海外の主要な特区
区分 経済自由区域(現在) シンガポール 中国 上海 浦東 中国 深圳 香港 ドバイ
運営 仁川、釜山鎭海、光陽、セ万金、大邱慶北、黄海 全国
(特別な特区はない)
浦東新区
('90年 指定)
深圳特区
('79年 指定)
全国
(特別な特区はない)
自由貿易地帯
入居条件 国内外 無差別 国内外 無差別 国内外 無差別 国内外 無差別 国内外 無差別 国内外 無差別
法人税率 22%
('09年 25%→10年 22%)
18%
('07年 20%→'08に値下がり)
25% 16.5% 0%
租税減免 一定規模以上投資する場合、法人税 3年 100%、2年 50%減免
* 大規模投資: 7年型 減免優遇
試案によって減免期間∙比率を 臨機応変に決定
(最高15年間法人税、所得税など免税可能)
先端技術産業 : 15%適用
特区內: 2年間100%,
3年間50%減免
- 輸入関税なし
法人税なし
減免対象 外投企業 外投企業 国ㆍ内外 企業   国ㆍ内外 企業 国ㆍ内外 企業
減免業種 製造、観光、物流、医療 先端技術、R&D、金融、多国籍企業総括運営本部 先端技術産業   - 全業種
備考 - 国内企業:多様な金融支援 2007年以前に減免を受けた企業に過度期優遇政策を実施 : 2012年まで漸進的に税率を調整 部門別 優遇政策 : 先端技術新規企業財政支援な -